Sample Online Shop

オートバイTop

サイクルセンターフジワラはホンダ二輪車正規取扱店です!

当店は、通勤、通学、お買い物などにピッタリのスクーター・ビジネスバイクをメインに取り扱っています。
ホンダ モーターサイクル サービス エンジニア(HMSE)在籍。アフターサービスもおまかせください。
スクーターも取り揃えました!
人気の「タクト・ベーシック」入荷しました!

Honda二輪車および関連商品を正規に取扱っております。
原付一種から軽二輪(250cc)までをお取扱いしております。
 
お客様にHonda二輪車を『“安心して、安全に、永く” お乗りいただくための良いサービス』をご提供させていただくため、Honda独自の機構/技術に対応できるHondaの二輪整備士 資格者が在籍しています。
 
社団法人 自動車公正取引協議会の会員です。
公正競争規約を守り、信頼できる二輪車販売を行なっています。
 
2005年2月1日以降にご購入されたHondaの二輪車(新車)には、安心の2年保証が適用されます。
 
二普協から 原付試験問題にチャレンジできる「ゲンチャレ」サイト公開!
原付免許試験問題チャレンジ「ゲンチャレ」は実際の原付免許試験問題を完全シミュレート。
「ゲンチャレ」であなたも安全運転ファミリーの一員に! Click!
 
Honda 原付バイクの情報サイト [GEN・TSU・KI CLUB] オープンしました!
詳しくはここをクリック!
 

総社市の「原付・ご当地ナンバープレード」のご案内。

50cc、90cc、125ccまでの原動機付自転車(ミニカーを除く)へ岡山県下初で導入を決定した「ご当地ナンバープレート」の交付が、
平成23年1月4日(火)からスタートしました。全国でも例のない2種類のデザインのご当地ナンバープレートからの選択式で、
備中国分寺の五重塔か、雪舟の逸話にちなんだネズミのナンバープレートをつけた原動機付自転車が走り始めました。
総社市で「原付・ご当地ナンバープレード」の交付が始まりました。
総社市では、郷土愛を醸成するとともに全国へ「総社市」をアピールすることで、地域振興や観光振興を図る目的で、総社市の特色を
生かしたデザインのご当地ナンバープレートの導入を進めてきました。
デザインは、岡山県立大学との共同研究により制作された3つのデザイン候補作品のなかから市民投票によって決定。
市民投票は、平成22年5月24日から同6月11日まで実施。8,500票を超える投票から、採用が決定した「五重塔」と「ネズミ」への
得票数が拮抗したことから、ともに総社を代表するシンボルであり、投票結果を尊重し、2種類を採用しました。
全国でも例がなく、「選択式ご当地ナンバープレート」となりました。

新製品

3月15日:Honda 2018 Model PCX・PCX150 発表。

Hondaは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」と「PCX150」をフルモデルチェンジし、PCXを4月6日(金)に、PCX150は4月20日(金)に発売します。
スタイリングは、フロントからリアまで連続的に変化する曲面で構成した“流麗で伸びやか”なデザインとすることで、PCXの先進性と上質感をより強調した外観に一新しました。
エンジンは、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」の一部仕様を変更し熟成を図ることで、優れた燃費性能と中・高回転域の出力向上を両立。
なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップ・システムも継続して採用しています。
…PCX について詳しくは こちら から。
2018 PCX
●メーカー希望小売価格
 ・PCX 342,360円 ・PCX150 373,680円 ・PCX150<ABS> 395,280円

2月 6日:Honda 2018 Model CROSS CUB・CROSS CUB50 発表。

Hondaは、レジャーモデルとして好評の「クロスカブ110」のモデルチェンジを行うとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50を新たに設定し、2月23日(金)に発売します。
クロスカブ110は今回、よりアクティブなイメージを高める外観デザインに一新。レッグシールドを廃止することで軽快感を演出するとともに、新たに採用したLEDヘッドライトを囲む特徴的なヘッドライトガードや、スリット入りのマフラーガード、マットブラック塗装のホイールリムにセミブロックタイプのタイヤを採用するなど、堅牢な雰囲気をより高めています。
また、新たにタンデムステップを装備することで、2人乗りにも対応しています。
クロスカブ50は、クロスカブ110同様のスタイリングに、取り回しやすさに寄与する小径14インチタイヤと、足つき性の良さに配慮した形状のシートを採用することで、より身近でフレンドリーなモデルとしています。
エンジンは、スーパーカブ50に搭載されている、優れたタフネス性と静粛性、上質な変速フィールを実現した空冷・4ストローク・単気筒エンジンを採用。
カラーリングは、鮮やかなマグナレッドと落ち着きのあるクラシカルホワイトの2色のバリエーションとしています。
…CROSS CUB について詳しくは こちら から。
2018 CROSS CUB
●メーカー希望小売価格
 ・クロスカブ110 334,800円 ・クロスカブ50 291,600円

2018 Model ジョルノ 11月14日発売

Hondaは、おしゃれで愛らしいスタイルと、取り回しやすい車体サイズに力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載した50cc原付スクーター「ジョルノ」に平成28年排出ガス規制対応を施すとともにカラーバリエーションを変更し、11月14日(火)に発売します。
今回、ボディーカラーにプコブルーとパールソフトベージュを新たに採用し、継続色の5色を加えた全7色の設定で幅広い年齢層のお客様の嗜好に応える豊富なバリエーションとしています。
…ジョルノについて詳しくは こちら から。
2018 GIORNO
●メーカー希望小売価格
 ・ジョルノ 194,400円 ・ジョルノ くまモンバージョン 203,040円

2018 Model スーパーカブシリーズ 11月10日発売

Hondaは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で多くのお客様から支持をいただいている「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」と、積載性に優れた大型のフロントバスケットとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をモデルチェンジし、生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管して11月10日(金)に発売します。
「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」は、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成された外観デザインに一新。
また、ボディー両サイドに使い勝手をより高める取り外し可能なサイドカバーを採用したほか、省エネルギーで長寿命なLEDを丸形のヘッドライトに組み込むことで、コンパクトなハンドルまわりを実現するなど、伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備えた新世代スーパーカブとしてのアイデンティティーを表現しています。
…リリースは こちら から。
2018 スーパーカブ
● タイプ、価格等詳しくは こちら をご覧ください。

2018 Model TACT,TACTベーシック 10月17日発売

Hondaは、シンプルでありながら幅広い年齢層に支持されるデザインで、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載した50cc原付スクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」に平成28年排出ガス規制対応を施すとともに、カラーバリエーションを変更し10月17日(火)に発売します。
…リリースは こちら から。
2018 TACT
●メーカー希望小売価格
 ・タクト 178,200円  タクト・ベーシック 165,240円

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅198pxまで。

この見出しはh2タグです

ここのスペースも使えます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅220pxまで。

↑ PAGE TOP